2017年02月14日

ハッピーバレンタイン!!

<

今日はチョコレートを好きなだけ食べて良いすばらしい日ですね

 
先週はとても寒かったのですが、そのおかげ?で見ることが出来た、幻想的とも言える景色

雪の十和田官庁街通り
DSC_0224.jpg

桜の回廊(雪バージョン)
DSC_0223.jpg
posted by けんにゃん at 09:00| Comment(0) | 日常の中で | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

2月1日(大安)

あっっっっという間に1月が終わり、今日から2月。

2月3日は節分ですが、雪はこれからが本番ですよね。たぶん……望まないけど


さて2月3日から2月26日まで「十和田湖冬物語」が開催されます。

front.jpg

期間中は毎日花火が上がり(10分間)週末は夜に野外ステージでのイベント等いろいろな催し物があります。
もちろん暖かい食べ物や飲み物も楽しみです。
そして三味線演奏会とか

冬、雪の中で聞く津軽三味線は、本当にかっこいいのです

back.jpg

posted by けんにゃん at 13:36| Comment(0) | 十和田市のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月31日

細菌やウィルスのハナシ

こんにちは、営業のDです。
当社では検便検査もやっていて、O-157、サルモネラ菌、赤痢菌、ノロウィルス、などなど調べられます。食品を取り扱うお仕事をされている方、児童福祉施設、老人福祉施設にお勤めの方、お気軽にご相談ください

ということで、今回は細菌やウィルスのハナシです。
寒さ厳しい青森の冬、しばれる寒さの中での雪かき、雪国の住人の宿命とは言え大変ですよね最初は寒くても段々と暑くなり、雪かき終わるころには汗でビッショリなんて、よくある話です雪かきのあと、家の中や会社の中に入れば暖かいから「そのうち乾くべ〜!」なんて汗で湿った服を着替えないまま過ごしたりしていませんか?

それ、とっても危険です雪かきで体力を消耗した上に湿った服を着たままで体温が奪われ、免疫力が低下してしまいます。そんな免疫力が低下した体の中に、乾燥した冬の空気が運んでくる細菌やウィルスが入り込むと、様々な疾病を起こす可能性がとっても高くなるのです

菌で代表的なものといえば、O-157やO-111などの
「腸管出血性大腸菌」と呼ばれる細菌です。

ウィルスで言えばインフルエンザウィルス、ノロウィルスが
冬になると流行しますよね。

こういった疾病の原因となる細菌やウィルス、
実は人から人への感染がとても多いのです

感染経路は、手洗い不足の手指からの接触感染、唾液からの飛沫感染、嘔吐物からの感染などがあります。細菌やウィルスに感染していても、まったく症状が現れない人もいて「健常保菌者」と呼んだりします。健常保菌者が知らず知らずのうちに細菌やウィルスをうつしている可能性もあります

検便検査を定期的に実施することは、潜在的な感染者を見つけ出して食中毒や人から人への感染を防ぐことに役立ちます。特に食品を扱う工場や店舗、児童福祉施設や老人福祉施設では注意が必要です

何はともあれ、細菌やウィルスの感染を予防するには「手洗い」が一番効果的です更に「加湿」「消毒」「マスクの着用」も大事です。

青森県でも1月だけでインフルエンザや感染性胃腸炎、マイコプラズマ肺炎の報告数が増加していますから、皆さんも気を付けてくださいね。基本的な予防策をしっかりと守り、健康的に青森の冬を楽しみましょ〜
タグ:保菌検査
posted by けんにゃん at 19:37| Comment(0) | 仕事のハナシ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする